DICTIONARY / 英ナビ!辞書

英和・和英 DICTIONARY/ 英ナビ!辞書

Neoplatonism

WordNet

Neoplatonism

名詞

  1. ネオプラトニズム

    a system of philosophical and theological doctrines composed of elements of Platonism and Aristotelianism and oriental mysticism; its most distinctive doctrine holds that the first principle and source of reality transcends being and thought and is naturally unknowable.

    プラトン哲学、アリストテレス哲学および東洋の神秘主義の要素から成る哲学と神学上の教義の体系。その最も特徴的な教義は、現実の原則と源は超越し、不可知の存在であると考え、不可知の存在であると考える。

    • Neoplatonism was predominant in pagan Europe until the 6th century
    • 新プラトン主義は、6世紀まで、多神教を信仰していたヨーロッパでは支配力があった
    • Neoplatonism was a major influence on early Christian writers and on later medieval and Renaissance thought and on Islamic philosophy
    • 新プラトン主義は、初期のキリスト教の作家の、また、後の中世、およびルネッサンス主義、イスラム哲学に関する大きな影響であった

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

HISTORY / 最近見た単語

履歴を消す

INDEX / 英ナビ!辞書 索引

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策