【英検と大学受験】英語の資格が使える入試 1:どんな入試?

Supported by 株式会社 旺文社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「外部検定利用入試(=外検入試)」を実施する大学が近年、急激に増えている。これは英検、TOEFL、TOEICなどの英語資格を利用できる入試。合否判定で優遇されるなど受験生にメリットが多く、目が離せない入試方式だ。以下ではまず、外検入試のおおまかな内容を見てみよう。

20170301_main630_420

 

 

わかりやすく言うとどんな入試?

 

外検入試には推薦・AOもあれば一般入試もある。まずは代表的な2つの利用法を見てみよう。

 

外部検定の主な利用方法

20170301_01

20170301_02

 

 

 

上の2つ以外の優遇措置も!

 

外検入試には他にどのような優遇があるのかを見てみよう。上で紹介した利用方法に加えて、以下の2つの方法も代表的な優遇内容だ。

 

20170301_03

 

入試の総合点にプラス10点、20点など、判定評価に加点される。

 

20170301_04

 

合否判定の際に何らかの優遇が行われる。

 

 

 

この記事は「螢雪時代(2017年4月号)」より転載いたしました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策