英検対策講座【4級】 大問1

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解答・解説ページ

英検対策講座 

 

Answer ~解答・解説~

 

 

(1)単語の知識を問う問題

 

正解: 1 

A: Can you help me, Tom? This bag is too ( heavy ).

B: Sure, Mom.

 

【 訳 】

A「手伝ってくれる、トム? このカバンが重すぎて」
B「もちろんだよ、お母さん」

 

【解説】

選択肢はすべて形容詞なので、「このカバン」がどうであるかを考えます。(  )がtoo「あまりにも~過ぎる」の後であることと、手伝ってほしいことから考え、正解は1のheavy「重い」となります。

 

その他の選択肢: 2のfastは「速い」、3のfreeは「暇な、自由な」、4のkindは「親切な」の意味です。

 

 

(2)単語の知識を問う問題

 

正解: 3 

The ( sky ) is very clear and full of stars tonight. It's beautiful!

 

【 訳 】

「今夜は空がとても澄んでいて星でいっぱいです。美しい!」

 

【解説】

文の最初に(  )があるので、後の部分をしっかりと読んで、その内容と関連する単語を選びましょう。この文には、clear「澄んだ、はっきりした」、stars「星」、tonight「今夜」が使われているので、これらに関連する3のsky「空」が正解になります。
なお、full of ~は「~でいっぱいの」の意味です。

 

その他の選択肢: 1のlandは「陸地、地面」、2のboatは「ボート」、4のgroundは「運動場、地面」の意味です。

 

 

(3)熟語・会話表現の知識を問う問題

 

正解: 3  

Jane often travels to different places. For ( example ), she went to England and France last year.

 

【 訳 】

「ジェーンはよくいろいろな場所を旅行します。例えば、昨年、イングランドとフランスに行きました」

 

【解説】

1文目にdifferent places「いろいろな場所」とあり、2文目にEnglandやFranceなどの場所名があることから、正解は3のexampleになります。

 

for exampleで「例えば」の意味のイディオムです。これは、例を示すときによく使われる表現です。exampleは「例」の意味の名詞です。また、travel to ~は「~へ旅行する」の意味です。

 

その他の選択肢: 1のsubjectは「教科」、2のanswerは「答え」、4のquestionは「質問」の意味です

 

 

(4)文法の知識を問う問題

 

正解: 1

A: Andy, where is Ben?
B: He went to the cafeteria to ( eat ) lunch.

 

【 訳 】

A「アンディー、ベンはどこ?」
B「昼食を食べにカフェテリアに行ったよ」

 

【解説】

選択肢の単語はすべて動詞eatが変化した形です。したがって、意味の違いを考えるのではなく、文の中の(  )の位置に適する形を考えましょう。(  )の位置がtoの直後で、「~するために」の意味が適するので、原形であるeatが入ります。したがって、正解は1になります。

 

動詞の形を問う問題では、次のことを確認しましょう。

 

① 文の流れが過去のことを述べていないか →過去形
(例)I went to the restaurant and ate two hamburgers.
  「レストランに行ってハンバーガーを2つ食べた」

 

② 現在形の文で主語が三人称単数になっていないか -(e)sの形
(例)My father sometimes eats sushi.
  「父はときどき寿司を食べる」

 

③ 助動詞(canやwillなど)が直前にないか 原形
(例)My son can't eat hot food.
  「息子は辛い食べ物は食べられない」

 

④ 疑問文や否定文でdoesやdidが含まれていないか 原形
(例)I didn't eat breakfast today.
  「今日は朝食を食べなかった」

 

⑤ be動詞が直前にあり、進行形にならないか -ing形
(例)My mother was eating something when I got home.
  「ぼくが帰宅したとき母は何かを食べていた」

 

⑥toの直後にないか 原形
(例)I want something to eat.
  「何か食べるものがほしい」

 

 

(5)文法の知識を問う問題

 

正解: 1

A: Kelly, ( which ) is your coat, this one or that one?
B: This one.

 

【 訳 】

A「ケリー、どちらがあなたのコートですか、これ、それともあれ?」
B「これです」

 

【解説】

この文は、コンマの後にthis one or that oneと2つの選択肢を示す表現となっています。このように相手に選択してもらいたいときには、which「どちら」を使います。したがって、正解は1になります。

 

また、文中のoneはcoatの代わりに使われています。同じ種類のものを指すときに使われる単語です。単数であればoneを、複数であればonesを用います。

 

その他の選択肢: 2のwhen「いつ」は時を尋ねる際に、3のwho「だれ」は人について尋ねる際に、4のwhose「だれの」は所有者を尋ねる際に用います。

 

 

 

スタディギア for EIKEN

スタディギア for EIKEN

高い合格率データが証明する「英検対策学習の決定版」

「スタディギア for EIKEN」は、英検2級~5級受験者を対象とした、英検対策に特化したオンライン学習サービスです。

スタディギア for EIKENの詳細を見る

 

 

前へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』、『短文英単語』、『速読長文』、『中学生からの勉強法』(いずれも文藝春秋)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』『到達目標に向けての指導と評価』(いずれも教育出版)、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(明治図書)等。

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策