英検対策講座【2級】大問2: 長文の語句空所補充問題

伊藤 秀彦(いとう ひでひこ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この講座では、「英検2級」合格を目指す皆さんを対象に、試験で出題された問題を紹介し、その解き方について分かりやすく解説していきます。

英検対策講座【2級】

 

 

大問2 長文の語句空所補充問題

 

大問2 長文の語句空所補充問題」について学習します。

問題を解いたら、次ページの解答・解説を読み、きちんと理解するようにしましょう。

 

大問2では、空所が3つある長文が[A]と[B]の2題出題されます。4つの選択肢の中から文脈に合う適切な語句を選びます。なお、正しい品詞を入れるといった文法の知識が問われることはありません。

 

 

Questions ~問題~

 

次の英文を読み、その文意にそって(1)から(3)までの(   )に入れるのに最も適切なものを1, 2, 3, 4の中から一つ選びなさい。

[英検 2018年度 第1回検定問題より]

 

 

Getting Light Right

 

 Electric lights have greatly improved the quality of humans' lives. However, scientists have discovered that artificial lights can cause a variety of health problems. ( 1 ), they can prevent people from being able to sleep properly. This happens because many body rhythms, such as the sleep cycle, are controlled by light. When it is too bright at the wrong time, the body thinks it is time to be awake rather than asleep.

 

 Moreover, problems caused by light seem to ( 2 ). As a result, issues with sleep occur more frequently in the elderly. To solve this, a group of researchers in Europe have come together to create the ALADIN Project. They have discovered that both the brightness and color of light have an effect on body rhythms. With this knowledge, the researchers have created an indoor lighting system that helps seniors sleep better by changing the light throughout the day to match the body's natural cycle.

 

 Furthermore, the system can be adjusted to match a specific person. By using sensors in the person's clothing, it is able to detect changes in the body. Then, it adjusts the light to match that person's needs. For example, when the person's heart rate decreases in the evening, the light levels in the room go down, allowing that person's body to prepare for sleep. The researchers believe their system could be used to ( 3 ) in the future. For example, it could be put on airplanes to help passengers sleep on long flights. Therefore, the ALADIN Project could be beneficial to people of all ages.

 

 

(1)

 

  1. On average
  2. On the other hand
  3. In return
  4. In particular

 

 

(2)

 

  1. depend on the season
  2. improve over time
  3. increase with age
  4. cause health issues

 

 

(3)

 

  1. help people in other ways
  2. reduce airline accidents
  3. cure heart disease
  4. make better clothing

 

 

学習アドバイス

 

長文の語句空所補充問題では、問題を解く際に、空所の文とその前後の文が重要なことが多いのですが、段落の最初から読んでいった方が、結局は正解を速く見つけることができるようです(空所の文だけを見るという方法は、問題が解けないか、間違いやすいので、お勧めできません)。

 

「つなぎ言葉」(文と文、段落と段落をつなぎ、前後関係を示す言葉)が問題を解くカギとなることが多いです。

 

「つなぎ言葉」の例: in addition「さらに」(追加)、for example「例えば」(具体例)、however「しかしながら」(逆接)、on the other hand「他方では、これに対して」(対照)、first of all「まず第一に」(順序)、as a result「その結果」(結果)、in short「要するに」(まとめ)など。

 

 

次のページ:解答・解説ページ

次へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

伊藤 秀彦(いとう ひでひこ)

PROFILE

岩手県盛岡市生まれ。英検1級。現在、関東学院大学国際文化学部非常勤講師。専門は生成文法。大学では、英検対策、英語学などの授業を担当。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策