第1回:【国公立大二次・私大対策】ロジカルシンキングで英語長文を突破しよう!

伊藤 太 (いとう ふとし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センター試験が終わり、国公立二次・私立大入試まであとわずか。今回は、各私大・国公立大の多くで出題されるほとんどの英語(筆記)問題に共通した「シンプルで強力な解き方」について、解説していきます。英語長文問題もこれで攻略!

【国公立大二次・私大対策】ロジカルシンキングで英語長文を突破しよう!

 

受験生の皆さんはセンター試験が終わっても休む暇なく、私大入試や国公立大入試二次試験などの対策に追われることになります。そこで今回は、各私大・国公立大の多くで出題されるほとんどの英語(筆記)問題に共通した「シンプルで強力な解き方」について、英検の過去問などを使って解説したいと思います。

 

それでは、まずは肩慣らしに短文の語句空所補充問題を扱ってみましょう。近年は文法問題の比率が下がり語彙に関する問題の比率が高まっていますので、語彙力を高める対策が必要ですが、その上で、素早く簡単に解く方法を解説します。

 

実は、短文問題は長文問題の解き方をマスターする上で格好の練習材料にもなります。長文問題で大変重要となる「前後の文脈」「前後の関係」への着眼が正解に直結するからです。

 

それでは、いくつかの重要パターンと実際の問題を例に具体的に見ていきましょう。

 

 

 

Ⅰ. 短文の語句空所補充問題

 

To complete each item, choose the best word or phrase from among the four choices.

 

1. 因果関係① 原因(理由)→結果(結論)

 

The drivers of the two cars disagreed about how the accident occurred, so the police officer questioned some (   ) at the scene to find out what really happened.

1 pioneers
2 innovators
3 bystanders
4 successors

(英検2018年度 第2回検定 準1級 大問1 (4)より)

 

The drivers of the two cars disagreed ... how ...

 両者言い分に食い違い 【原因】

 

   ↓ so だから(結果を導く表現)

 

the police officer questioned some bystanders ...

 警官「傍観者=目撃者に質問した 【結果】

 

この問題は上記のように、対比関係にあるthe driversとthe police officer、加えて、the driversの状況とthe policemanの行動、それから、結果を導くsoに着目しましょう。そうすれば、so前後の「原因→結果」の関係に気が付き、これにあったbystandersが選択できます。

 

 

2. 因果関係② 結果(結論)→原因(理由)

 

Raw vegetables are more difficult to (   ) than cooked ones. It is much easier for the body to process cooked foods.

1 digest
2 inspire
3 thrust
4 smash

(英検2018年度 第2回検定 準1級 大問1 (7)より)

 

raw vegetables = more difficult to digest

 生野菜消化しにくい   【結論】

 

cooked ones = much easier for the body to process

 調理食品体が処理しやすい 【理由】

 

この問題は上記の通り、1つめの文が結論、2つめの文がその理由を表す「因果関係」だとすぐに見て取れます。加えて、digest「消化する」という抽象的な(短い)言葉を、後ろでfor the body to process「体が処理する」とより具体的な(長い)表現で言い換えています。

 

こうした「抽象と具体」の関係に着目することも素早く正解を見つけるカギになります。この関係については、次の問題のテーマとしていきますね。

 

 

3. 抽象と具体の関係① 抽象(短)→具体(長)

 

Lena was (   ) thinner when she returned from her year abroad. In fact, many of her friends said they did not recognize her at first.

1 briefly
2 doubtfully
3 cautiously
4 notably

(英検2018年度 第2回検定 準1級 大問1 (8)より)

 

Lenanotably thinner 顕著に変化(thinner) 【抽象】…短い

 

  In fact, 実際に、

they(=her friends) did not recognize her 【具体】…長い

 友人たちが見分けがつかないほどに

 

これはnotably「顕著に」という程度を表す言葉を正解とする問題ですが、後ろに「友人たちが見分けがつかないほど」と具体的に説明されて箇所に着目すれば、すぐに正解が特定できますね。

 

このように、空所補充の問題では、空所に入れる選択肢自体をそう長くはできないという物理的制約があるため、短い抽象表現を選択肢にして、それを前後で(特に後ろで)より長く具体的に説明するという作問方法が非常に多くなります。

 

 

The official was jailed for (   ). He had accepted money from manufacturing companies in exchange for covering up their illegal dumping of chemical waste.

1 misery
2 bribery
3 artistry
4 irony

(英検2018年度 第2回検定 準1級 大問1 (9)より)

 

これは単語さえ分かればすぐに分かると思いますが、やはり、bribery「賄賂、収賄」をうしろのaccepted money from ... companies in exchange for ...「…の見返りに会社から金を受け取る」と具体的な説明がなされている点に着目すれば、「作問の方法」を把握しながら、正解のbriberyをすぐに選択することができますね。

 

 

4. 抽象と具体の関係② 具体(長)→抽象(短)

 

Roy hated the idea of selling his guitar. However, he needed the money, so he eventually overcame his (   ) and put an advertisement in the newspaper.

1 projection
2 petition
3 reluctance
4 abundance

(英検2018年度 第2回検定 準1級 大問1 (10)より)

 

Roy hated the idea of selling his guitar. 

   自分のギターを売りたくない 【具体】

    However, he needed money しかし、お金が必要

  so he eventually だから結局

overcame his reluctance 自分の不本意を乗り越えた【抽象】

 

さて、このように「前後の論理的関係」に把握することで、速く正確に解くことができることが分かったでしょうか。もちろん、最初に述べた通り、こうした「前後の論理的関係」に着眼することで、「長文の文脈把握力」と「正答率」も必ず上がります

 

それでは、実際の例を使って説明していきましょう。

 

 

 

Ⅱ. 長文の語句空所補充問題

 

Read each passage and choose the best word or phrase from among the four choices for each blank.

 

Airplanes and Germs

 The threat of germ exposure is a common concern among airline passengers. Recent research by microbiologist Kiril Vaglenov of Auburn University suggests that ( 26 ). In the study, two disease-causing bacteria―a type of E. Coli and a type of Staphylococcus aureus known as MRSA―were put onto various surfaces found in airplanes, including an armrest and a seat-back pocket. Vaglenov then measured how long the bacteria would survive under environmental conditions typically found on airplanes. Both survived for extended periods: MRSA for up to one week, and E. Coli for up to four days. The results suggest that, given the growth of air travel, infectious diseases could spread more widely. ( 27 ), Vaglenov argues, airlines should look for more effective cleaning strategies and materials.

 In a separate study, Ashok Srinivasan, a computer science professor at Florida State University, investigated the spread of germs among airline passengers during boarding. The present boarding system usually involves grouping passengers into three or more zones based on seat location. This greatly increases the amount of time passengers spend in extremely close contact while waiting to board and get into their seats, increasing the likelihood of germs spreading. Through computer modeling, Srinivasan found it would be preferable to operate a two-zone system, with the plane divided in half lengthwise. Passengers in each zone would be allowed to board at random. Srinivasan says this would result in people being "less likely to spend extended periods of time close to each other." That would mean that, although the proposed system would be more time-consuming overall, ( 28 ).

(26)
1 germs die quickly on most surfaces
2 passengers are right to be worried
3 airplane environments weaken certain germs
4 passengers are largely to blame

(27)
1 Despite this
2 Alternatively
3 Otherwise
4 Consequently

(28)
1 it would create a safer environment
2 arguments between passengers would decrease
3 it would allow more time for cleaning
4 passengers would be grouped into more zones

(英検2018年度 第2回検定 準1級 大問2より)

 

NOTE: exposure「晒されること」、E. Coli 「大腸菌」、Staphylococcus aureus「黄色ぶどう球菌」、likelihood「可能性」、half lengthwise「縦半分に」

 

本文はタイトルからも分かるように、「航空機と細菌」という、あまり好ましくない問題をテーマとして扱っています。第一段落第一文で The threat of germ exposure is a common concern among airline passengers. 「細菌に晒されるという脅威が航空機の乗客の間で共通の心配となっている」と、早速この文章のテーマを提示していますね。

 

それでは、空所(26)を見ていきましょう。2行目の “Recent research” のように(recent study, research conducted by ...など)「研究結果の報告」では、かなり具体的な内容に踏み込む展開となります。この文章では、空所(26)の直後の3行目、 In the study, ...から、研究の具体的な結果が説明されています。

 

以下、空所(26)の前後の関係を示します。

 

The threat of germ exposure

 = a common concern among airline passengers

 

Recent research suggests that ( 26 )

 = *ネガティブな内容(抽象的

 

  ↓「抽象→具体」の展開

 

*具体説明=かなり深刻な状況を詳細に説明

In the study,

 disease-causing bacteria

  = onto various surfaces found in airplanes, including ...

 (E. Coli, Staphylococcus aureus/MRSA)

  *複数の細菌名、場所等=ネガティブな情報に関する具体的説明

 

それでは、選択肢を個別に見ていきましょう。

 

【選択肢1】 germ die quickly… →ポジティブな内容なので×
【選択肢3】 …weaken …germs →ポジティブな内容なので×
【選択肢4】 passengers are largely to blame
 →this studyで乗客の責任には言及がないので×
【選択肢2】 passengers are right to be worried
 →this study が示すネガティブな情報とマッチし、こうした状況では心配(worried / concern)が増すのは当然なので◯

 

空所(26)でネガティブな内容を抽象的に表現し、これをIn this study以下で具体的に説明するという「抽象→具体」の関係。

 

次に空所(27)を解いていきます。

 

これは単純に前後の「因果関係」を問う問題です。前文の「原因」を受けて、その「結果」を導く副詞のconsequentlyが正解ですね。

 

infectious diseases

 →could spread more widely. 感染症の拡大  【原因】

 

Consequently, 「結果として」

airlines

 →should look for more effective cleaning strategies and materials.

  より効果的な除菌 【結果】

 

最後に空所(28)を解いてみましょう。

 

ここではまず、接続詞のalthough「~だけれども」に着目します。この接続詞は本来の主張とは反対の要素を提示し、後ろに「主張」を提示する逆接の接続詞です。although やbut, however, などの逆接のキイワードに着目し、その前後が「譲歩→主張」関係であることを知っていれば前後の文脈が格段に分かりやすくなりますね。

 

Although the proposed system 提案されたシステム

   would be more time-consuming overall,

   時間がかかる(ネガティブ) 【譲歩】

 

it would create a safer environment.

(= the proposed system)

より安全な環境を創出(ポジティブ) 【主張】

 

このように、短文の空所補充問題と同様、長文の空所補充問題も「前後の論理的関係」に着目するだけで、素早く正解の根拠をつかめます。前者と後者の最大の違いをテクニカルに言えば、「後者の文章と選択肢の方が長い」ということになりますが。着眼のポイントと解き方のコツはほぼ同様だと分かりますね。

 

次回は、これらを踏まえて、長文の内容一致選択問題を解説していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

伊藤 太 (いとう ふとし)

PROFILE

株式会社Weness 代表取締役社長。大手予備校・有名進学塾等で英語講師を務め、東大クラス・医学部コース等を担当。作成した教材から東大・筑波大等の入試長文問題を的中。コーチングを取り入れた研修方法を確立し、数多くの講師・教員の授業力・授業アンケート向上に寄与。現在、多数の私立学校にコンサルタント、アドバイザーとして関わるとともに、ネイティブスピーカーを含む学校教員・予備校講師(100名超)のコーチを務める。

著書に「基本の78パターンで 英会話フレーズ800」「使える動詞だけ覚えなさい! 英会話フレーズ700」(ともに西東社)、「いちばんわかりやすい 英検準2級まるごと問題集」「いちばんわかりやすい 英検3級まるごと問題集」(ともに高橋書店)、「はじめてのTOEIC(R) L&R テスト『先読み』と単語で730点突破!」(大和書房)など多数。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策