今、注目の“入試に使える”外部検定「TEAP」を徹底解説!(1):どんなテスト?

Supported by 株式会社 旺文社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学によって外検入試(外部検定利用入試)に利用される外部検定(英検(R)やTOEFL(R)等)がそれぞれ異なる。その外部検定の中でも、利用できる大学が急増している「TEAP」について、2回にわたりくわしく見てみよう。

201905_main630_420

※英検(R)は公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

 

TEAPってどんなテスト?

 

TEAPは日本の高校生を対象にした「大学入試専用」外部検定。大学生活における英語運用力を測定する。「読む、聞く、書く、話す」の4技能を測るのは他の外部検定と同じだが、それぞれ主に右のような場面設定で出題される。

 

大学入試に使える外部検定は他にもいくつかあるが、それらが測る英語力は「ビジネス」や「海外留学」など、その目的はさまざまだ。その中でも、TEAPを採用する大学が急増しているのは、TEAPが「大学入試専用」の外部検定で、日本の高校の学習内容に則していることが、大きな理由の一つだ。

 

TEAP出題内容の主な場面

 

 

Check1問題構成

 

TEAPでは4技能別に英語力を測定し、各技能100点、合計400点満点で評価される。試験結果には技能別にスコアが表示され、自分の得意分野と弱点を把握することができる。

 

Reading 70分 60問 マークシート方式
Listening 約50分 50問 CDによる放送、マークシート方式
Writing 70分 2問 解答用紙への記述方式
Speaking 約10分 4問 面接官との1対1の対面方式

 

 

Check2出題レベル

 

TEAPで出題される英語レベルは英検の準2~準1級程度。高校3年間の学習内容に加え、もう少し上のレベルまでが出題範囲となっている。英語力を重視した難関大も入試に利用するため、一部にはハイレベルな問題までが出題される。試験は高校2年生から受験可能だ。

 

 

Check3出題分野

 

TEAPの特徴はその出題分野だ。大学入学後の授業や学生生活を想定して問題が作られているため、「ビジネスマンとクライアントとの会話」のような状況での出題はされない。単語の使われ方などについても一部には、大学生活独特の意味で出題される場合もあるので注意が必要だ。

 

例えば“major”という単語。「主要な」という意味で使われることが多いが、TEAP対策では「専攻科目」という意味での使われ方にも注目したい。

 

日本英語検定協会 TEAP公式サイト: http://www.eiken.or.jp/teap/

 

 

 

この記事は「螢雪時代(2019年6月号)」より転載いたしました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策