2020年度からの家庭教育は“楽しく”がキーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに2020年度、『新学習指導要領』が全面実施されます。小学5・6年生では外国語(英語)が教科化。これに伴い、英語教育熱が高まるのは必至です。保護者としては、新しい家庭教育の考え方やコツを知りたいところです。

eyecandy_201907_01

 

 

「英語」教科化の影響

 

ついにあと1年。2020年度に新学習指導要領が全面実施されることとなっています。『2020年度からの英語教育改革に向けてできること』でも既にご紹介したように、新学習指導要領では英語教育が劇的に変化します。

 

小学校では、3・4年生で「外国語活動」がスタート。現在、5年生で行われている「外国語活動」が、3年生からと前倒しされます。同時に、5・6年生では、外国語(英語)が「教科化」に。英語が「正式な教科」として扱われるようになり、評価され、成績が付けられるようになります。

 

<2020年、小学校で外国語(英語)が教科に>
小学3・4年生…「外国語活動」
小学5・6年生…英語「教科化」

 

このため、先の記事で、保護者のサポートとしては子どもが「英語に興味を持てる」ようにすること、そのためには、子どもが楽しんで取り組める英語教材やサービスを取り入れてみることをお勧めしました。

 

勉強は主体的な姿勢になるほど、成果が挙げられやすくなります。中学生や高校生になると、個人差はあるものの、将来の目標に向けて苦しくても勉強を頑張ろうとする意志が芽生えます。しかし、小学生以下の幼い年齢では「将来の目標に向けて頑張る」ことは難しく、そもそも、まだ将来の夢が定まっていない子どもも多いでしょう。

 

しかしながら、子どもは興味を持ったものには、とことん集中します。また、英語に関しては、低年齢であるほど早く耳がつくられることが知られています。そして、小さな頃から英語に親しむほど、将来の能力も伸びやすくなるといわれています。

 

こういった子どもの特性に応じ、来年4月から使用される小学校教科書では、押し付けではなく、子どもたち自らが楽しんで取り組めるようなアイデアが随所に見られ、英語好きを育てる工夫がされているのです。

 

 

 

2020年度からの家庭教育は?

 

このような英語教育の変化に対して、これからは学校や学習塾だけでなく、家庭の中での学びがより大切になってきます。では、これからの家庭教育はどうあるべきでしょうか。

 

子どもが英語を家庭学習する上で、大切なポイントは次の3つです。

 

 

【1】 習慣化させる

 

学校に学習塾に習い事に…と、現代の子どもの多くは、とても多忙な毎日を過ごしています。また多くの保護者も朝から晩まで仕事に追われる上に家事も重なるなど、家庭の中で子どもの宿題や勉強をしっかりと見てあげる時間が十分に取れないのが現状です。

 

英語学習は、なるべくたくさん英語に触れる機会を作って、英語に「慣れる」ことが必要だといわれています。

 

そのためには、多忙な毎日を送る子どもの10分~15分程度の“スキマ時間”を有効活用し、親のサポートがなくても簡単にできる英語アクティビティで「習慣化」させるとよいでしょう。

 

 

【2】 楽しむ

 

「ゲームと勉強、どちらがしたい?」と聞かれたら、ほとんどの子どもはゲームを選ぶのではないでしょうか。子どもはゲームのような楽しいことが大好きです。

 

英語学習も、まずはじめは漫画やアニメ、映像教材など、子どもが興味を持ちやすいものを活用するとよいでしょう。楽しく取り組むことが、子どもの「英語を学びたい!」という学習意欲につながります。英語を「楽しい・面白い」と思わせることが、大切です。

 

 

【3】 褒める

 

子どもは、褒められるとやる気が出ます。やる気が出るとさらに頑張り、良い結果が生まれます。そしてそれが自信となって、さらに高みを目指そうとします。とにかく子どもにとって、大好きな親に褒められることはうれしいものです。

 

英語学習でも、例えば、子どもが英単語を上手に言えたり、正確に聞き取れたら、褒めてあげる。これだけで子どもは、「もっと上手く英語を話せるようになりたい」「もっと勉強して英語ができるようになりたい」と英語を学ぶことに対して、積極的になることが期待できます。

 

以上のことから、ご家庭で学習する際には、この3つのポイントを押さえた、子ども自らがスキマ時間に手軽に楽しく学習できる英語教材や学習サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

 

例えば、主に小学生を対象とした英語学習アプリ『スタディギア Eye Candy(アイキャンディー)(※)』は、ポップなアニメ・キャラクターが登場し、キャラクターと共にストーリーを進めていくことで、ゲーム感覚で楽しく継続的に英語を学ぶことができる基本無料のサービスで、小学生を中心に人気を呼んでいます。

 

保護者ができるサポートは、幅広くあります。子どもに合ったサポートを検討して、親子で楽しみながら英語に取り組んでいけるとよいですね。

 

『スタディギア Eye Candy(アイキャンディー)』(App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1438485866

 

※本アプリは、「英検公式 スタディギア for EIKEN」とは異なるものであり、公益財団法人 日本英語検定協会が提供するサービスとは一切関係ありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策