英語外部検定で入試を攻略!一般入試編 (1):活用方法

Supported by 株式会社 旺文社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英検(R)などの英語資格を利用する英語外部検定利用入試(外検入試)。先月の「推薦・AO編」に引き続き、今月は「一般入試編」として、外検入試の攻略法まで踏み込んで紹介しよう。

20190801_main630_420

 

 

どのくらいの大学が利用しているの?

 

一般入試では、2016年に50大学だった外部検定利用校が、2019年入試では187大学と4倍近くに増加。2020年入試で、その数はさらに増える。次年度に迫る“入試改革”へ向け、大学入試で外部検定の利用価値がますます高まっている。

 

 

 

どのように利用されているの?

 

一般入試での主な優遇は以下の3種類だ。

 

■出願資格

英語は出願資格として大学が設定した級やスコアをクリアすればよい。そのため英語で差は出ないが、私立大の入試では英語以外の1~2教科で受験できる場合が多い。

 

■得点換算、加点

優遇する外部検定レベルを細かく設定し、取得した級やスコアが高ければ換算点や加点も高くなる大学が多い。英語が得意な受験生には特にメリットが大きい。

 

20190801_01

 

 

 

一般入試で使える外部検定は?

 

外検入試でどの外部検定を採用するかは大学それぞれだ。志望校が決まっている場合は、どの外部検定を採用しているか、募集要項を確認しよう。まだ志望校が絞り込めていない場合には、多くの大学で採用されている外部検定を受けておくとよいだろう。

 

同じく「外部検定」と呼ばれる試験であっても、測定する英語力はそれぞれ異なる。「留学」や「ビジネス」向けの試験もあるので、受験の際には出題内容を確認することも大切だ。

 

このグラフは、一般入試で外部検定を利用している大学が、どの外部検定を採用しているかを集計したものだ。すべての外部検定の中で最も採用率が高いのが英検で、全大学の約92%を占める。次いで、大学入試のために作られたTEAPも採用率が高まっている。

 

20190801_02

 

※2019年入試のデータをもとに集計。

※各大学にて外部検定を利用している一般入試全体を100として、それぞれの外部検定が採用されている割合を算出。

※TOEICはLRとLRSW、TOEFLはiBTとJC、TEAPは2技能と4技能を合算して算出。

※各外部検定の採用については、募集要項に記載されているものすべてを計上。「それに準ずる外部検定でも利用可」のような記載の場合は、すべての外部検定が採用されているとして計上。

 

 

 

どのくらいのレベルが必要?

 

このグラフは、一般入試の外検利用で大学が求める英語レベルを集計し、英検級に換算したものだ。大学が受験生に求めるレベルは、国際基準「CEFR」のA2~B1、つまり英検準2級(高校中級程度)と2級(高校卒業程度)で8割近くを占める。一般入試では、推薦・AOより求められる英語レベルがやや高く、優遇を受けるには最低でも準2級、できれば2級がほしい。2級なら、利用できる大学が一気に広がる。準1級を持っていればこわいものなしだ。

 

20190801_03

 

※外検入試で求められるCEFRレベル、各外部検定の級・スコアを英検級に換算。募集要項に級・スコアの指定がないものは除く。

※外部検定の級・スコアに応じて段階的に優遇を行う場合、最もやさしいレベルのみを集計(例:「準2級=70点、2級=80点、準1級=100点」に換算する場合、準2級のみ計上)。

 

 

 

この記事は「螢雪時代(2019年9月号)」より転載いたしました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策