第30回:スマホを英語学習に活用しよう

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホが普及するにつれ、勉強にスマホを利用する人も増えているようです。そこで、今回はスマホを英語学習に利用する方法を紹介します。

30

 

 

学習ツールとしてのスマホの長所

 

スマホは、工夫次第では学習する際のツールとして使えます。最近は学習アプリや動画などが充実しているので、「英単語を覚えたい」「単語の意味を調べたい」「リスニング力を高めたい」「英会話の表現を覚えたい」など、目的に応じたツールが必ず見つかります。

 

スマホの機能が学習に向く理由は、何といってもその気軽さでしょう。通学中の電車やバスの中でも使うことができるため、すきま時間を有効に活用できます。

 

スマホを使った学習は机に向かって行う勉強と異なり、短時間で行う勉強に適しています。「いつでもどこでも短時間で」がスマホを使った学習の一番の長所かもしれません。

 

自分が作成した授業ノートなどをカメラで撮れば、電車の中でも周りの人の邪魔にならずに読み直すことができます。

 

また、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の学習ができることや、無料のサービスが多いため、お金をかけずにできるところも魅力です。

 

 

 

スマホを使った学習法

 

【その1】 音声に関する機能を活用しよう

 

同じ歌を何度も聞いていると、自然にその歌を覚えてしまいますね。英語も同じで、何度も聞けば、だんだんと頭に染み込んでいきます。

 

例えば、教科書本文の音声データ(CDなど)をスマホに入れて、いつでも聞ける環境を作りましょう。定期テストが近ければ、教科書本文を何度も聞くことにより、内容が頭に入ります。

 

読んで覚えるのではなく、聞いて覚えることで、リスニング力もアップします。市販または授業で使っている単語帳には、CDが付いていたり、音声をダウンロードできたり、専用のアプリが付いていたりしています。英単語の音声を聞いて覚えることで、聞いたり話したりするための語彙力を高めることができます。

 

次に録音機能を使ってみましょう。スピーチや音読の練習を行う際、スマホに録音します。自分のパフォーマンスを聞くことで、不十分なところに気付くことができます。スピーチ発表が「1分間」など時間の条件があるのなら、タイマーを見ながら練習してもよいでしょう。

 

 

【その2】 動画や記事を楽しもう

 

スマホでは、次のようなことが気楽にできます。

 

英語のアニメやドラマを見る。
英語のプレゼンテーション(TED Talksなど)を見る。
英語版のネットニュース(Podcastなど)を聞く、読む。
英語のラジオ(NHK WORLD RADIO JAPAN Newsなど)を聞く。
英語の物語を読む。
好きな海外のスポーツ選手やミュージシャン等、興味のある分野の英語の記事を読む。

アニメや映画など動画を見る際は、英語の字幕を見ながら英語の音声を聞けるものを選ぶといいでしょう。

 

また、日本語で見たことがあるものや、内容を知っているものを見ると、英語でも理解しやすいはずです。映画の予告編など、短いものを何度も見るというのもよいかもしれません。

 

YouTubeでも学習動画サービス「スタディチャンネル」(提供元:株式会社教育測定研究所)などがあり、1~2分で見ることができます。

 

これらのことを「勉強する」という感覚ではなく、「気晴らしする」「楽しむ」という気持ちでやってみましょう。スポーツや音楽など、自分が興味を持っている分野を英語で見ることから始めてみてください。

 

アプリについては様々な種類のものがあるので、自分で探したり、友だちから情報を得たりしたりして、自分に合って長続きするものを見つけましょう。

 

スマホは、言語設定を英語にする、友だちと英語でやり取りを行うなど、工夫次第で様々な使い方ができます。自分でもいろいろと試してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。文部科学省「外国語教育における『CAN-DOリスト』の形での学習到達目標設定に関する検討会議」、「中央教育審議会中等教育分科会教育課程部会外国語ワーキンググループ」、「学習指導要領等の改善に関わる検討に必要な専門的作業等(中学校外国語)」協力者。全国各地で教員向けの講演を多数行う。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』、『中学生からの勉強法』(以上文藝春秋)、『中学校新学習指導要領 英語の授業づくり』、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(以上明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』、『到達目標に向けての指導と評価』(以上教育出版)、『NHK CD BOOK 中学生になるまでに身につけたい! 小学英語 パーフェクト・レッスン』(NHK出版)などがある。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策