英語外部検定利用入試って何?(3):メリット・主な実施大学

Supported by 株式会社 旺文社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、前々回に引き続き、「外部検定利用入試(=外検入試)」について解説する。今回は、外検入試のお得なポイント、利用されている主な大学を紹介しよう。

202003_main630_420

 

 前回の記事: 英語外部検定利用入試って何?(2):導入大学や採用検定の調べ方

 

 

外検入試のお得ポイントは?

 

Point1複数回の受験チャンス!

 

外部検定は年間に複数回、試験を実施している。入試の一発勝負とは異なり、目標の級・スコア取得まで何度もチャレンジできる。

 

 

Point2得点換算で点数保証!

 

事前に換算点を確保できれば、入試本番までは他教科の勉強に専念できる。出願資格の場合も、教科を絞って対策できる点は同じだ。

 

 

Point3ひとつの外部検定資格で多くの大学に出願!

 

大学での採用率が高い外部検定を取得しておけば、複数の大学の外検入試に利用できる可能性が高まる。

 

 

 

まずは外部検定にチャレンジ!

 

高校3年生の皆さんは、来年1月の一般選抜出願までに英検ではあと2回、TEAPではあと3回の受験チャンスがある。今から計画的に勉強をスタートして、志望校受験に必要な、目標の級・スコア取得をめざそう。

 

gaiken_201903_01_6

 

注:英検CBT、英検2020 1day S-CBT、TEAP CBTという、コンピュータ上で受験する4技能検定試験もある(他に、障がい者対象の英検2020 2days S-Interviewもある)。

 

 

 

どんな大学で利用されているの?

 

2021年入試でさらに増える見込みの外検入試。以下に、その中の主な大学(2020年入試の実施例)を紹介しよう。

 

注:ここでは大学名と入試方式(一般か推薦・AOか)のみを記載する。一部の学部・学科で実施されていない場合もあるので、必ず募集要項を確認してほしい。

 

gaiken_201903_01_7

 

この連載では、外検入試についてお役立ち情報を紹介していく。ぜひ外検入試を利用して志望校合格を勝ち取ってもらいたい。

 

次回は、実際に利用される外部検定について解説する。受験生はどの外部検定を受けておけばいいか、参考にしてほしい。

 

 

『英語外部検定利用入試 2020』リストページ

https://www.ei-navi.jp/news/gaiken-nyushi_2020/list/

 

 

 

この記事は「螢雪時代(2020年4月号)」より転載いたしました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

MY NOTEBOOK

マイ単語帳へ

RANKING / 単語ランキング

英和ランキング

もっと見る

和英ランキング

もっと見る

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策