英検対策講座【準2級】大問1: 短文の語句空所補充問題

伊藤 秀彦(いとう ひでひこ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解答・解説ページ

英検対策講座【準2級】

 

Answers ~解答・解説~

 

次の(1)から(5)までの(   )に入れるのに最も適切なものを1, 2, 3, 4 の中から一つ選びなさい。

[英検 2019年度 第3回検定問題より]

 

 

(1)

 

正解: 4

 

Flowers need insects to survive. They ( attract ) insects in many ways, such as making a smell some insects like.

 

  1. guard
  2. warn
  3. combine
  4. attract

 

 

【 訳 】

花は生き残るのに虫が必要である。一部の虫が好む匂いを出すといった、様々な方法で虫を引き寄せる。

 

【解説】

動詞の問題。花は様々な方法で虫を「どうする」のか。正解は4. attract「~を引き寄せる」。

 

他の選択肢:1. guard「~を守る」、2. warn「~に警告する」、3. combine「~を組み合わせる」

 

動詞attractの派生語の一つは名詞attraction(呼び物、アトラクション)で、これは日本語にもなっている。単語の暗記に役立ててもらいたい。

 

 

 

(2)

 

正解: 3

 

Many scientists say that the climate is changing, and that the earth's ( atmosphere ) is becoming warmer. The hotter air may cause a lot of problems.

 

  1. tournament
  2. situation
  3. atmosphere
  4. harmony

 

 

【 訳 】

多くの科学者たちによると、気候は変化しつつあり、地球の大気は暖かくなりつつあるという。暖かい空気は多くの問題を引き起こすかもしれない。

 

【解説】

名詞の問題。地球の「何」が暖かくなりつつあるのか。正解は3. atmosphere「大気」。

 

他の選択肢: 1. tournament「トーナメント」、2. situation「状況」、4. harmony「調和」

 

大学生にこの名詞atmosphereの意味を(文脈抜きで)尋ねると、文系の学生は「雰囲気」と答え、理系の学生は「大気」と答えることが多い。いずれも正解であるが、専攻分野が単語の記憶にも影響を与えているようで興味深い。

 

 

 

(3)

 

正解: 4

 

Sean started running three years ago. It was hard for him at first, but now he can ( easily ) run for an hour without stopping.

 

  1. deeply
  2. kindly
  3. softly
  4. easily

 

 

【 訳 】

ショーンは3年前、ランニングを始めた。最初は彼にとって大変だったが、今では休むことなく1時間、楽に走ることができる。

 

【解説】

副詞の問題。3年前にランニングを始めたショーンは、今では休むことなく1時間「どのように」走ることができるのか。正解は4. easily「容易に、楽に」。

 

他の選択肢: 1.deeply「深く」、2. kindly「親切に」、3. softly「柔らかく」。

 

 

 

(4)

 

正解: 3

 

A: Robin, your dog is scary. He's barking at me.

B: I'm sorry. He's ( not always ) like this. He's excited right now because he's meeting new people.

 

  1. no longer
  2. no more
  3. not always
  4. nothing but

 

 

【 訳 】

A:ロビン、あなたの犬が怖いわ。私に向かってほえているのよ。

B:ごめん。いつもこんなふうではないんだ。知らない人たちに会って、今は興奮しているんだよ。

 

【解説】

熟語の問題。文脈から、空所を含む文が「彼(犬のこと)はいつもこのような状態であるとは限らない」となるようにしたい。したがって、正解は3. not always「いつも~である(する)とは限らない」。

 

他の選択:1. no longer「もはや~ない」、2. no more「(be no moreで)もはや存在しない」、4. nothing but「~にすぎない」。

 

 

(5)

 

正解: 4

 

People now use computers to do most things. As a result, they have been using paper less ( and ) less.

 

  1. for
  2. on
  3. or
  4. and

 

 

【 訳 】

今や誰もが大抵のことをするのにコンピューターを使う。その結果、次第に紙を使わなくなってきた。

 

【解説】

文法の問題。文脈から、空所を含む箇所が「次第に紙を使わなくなってきた」となるようにしたい。したがって、正解は4. and「(less and lessで)次第に少なく」。

 

他の選択肢に関して、1. for、2. on、3. orは、適切な熟語を形成できないので不可。

 

接続詞andは、ここでは同じ2つの比較級を結んで「次第に(ますます、だんだん、徐々に)~」という意味を表している。

他の例は以下の通り。

(get) warmer and warmer:だんだん暖かく(なる)

(become) colder and colder:次第に寒く(なる)

(grow) louder and louder:(騒音が)ますます大きく(なる)

 

 

スタディギア for EIKEN

スタディギア for EIKEN

無料で使える英検公式学習サービス

スタディギア for EIKENは、英検2~5級に対応した英検公式の英語学習サービスです。英語の基礎固めからテスト対策まで幅広く対応しており、皆さまの英語学習を幅広くサポートします。

スタディギア for EIKENの詳細を見る

 

前へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の筆者について

伊藤 秀彦(いとう ひでひこ)

PROFILE

岩手県盛岡市生まれ。英検1級。現在、関東学院大学国際文化学部非常勤講師。専門は生成文法。大学では、英検対策、英語学などの授業を担当。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

MY NOTEBOOK

マイ単語帳へ

RANKING / 単語ランキング

英和ランキング

もっと見る

和英ランキング

もっと見る

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策