第5回 大学入試に特化したTEAPはどんな試験なの?

Supported by 株式会社 旺文社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、英語外部検定試験(外検入試)での採用率が最も高い英検(※)について紹介した。今回は、大学入試に特化した出題内容といわれる「TEAP」について見てみよう。

keisetsu_2021_650_350_05

 

前回の記事: 第4回 採用率が最も高い英検(※)はどんな試験なの?

 

 

英語力を重視する大学での採用が多いTEAPとは?

 

外部検定の中で、日本の高校生を対象とした「大学入試専用」の外部検定がTEAP だ。最近では、TEAP を外検入試で採用する大学も増えている。

 

概要は下の表を見てほしいが、本試験の4技能の出題内容は、いずれも大学入学後の授業や学生生活を想定して作られているのが大きな特徴だ。

 

【TEAPの概要】

Reading: 70分/60問/マークシート方式
Listening: 50分/50問/CDによる放送、マークシート方式
Writing: 70分/2問/解答用紙への記述方式
Speaking: 約10分/4問/面接官との1対1の対面方式

 

たとえば、Readingでは「資料や文献を読む」、 Listeningでは「講義を受ける」、 Writingでは「レポートを書く」、Speakingでは「意見を述べる」といった各場面を想定して出題されている。

 

TEAPは4技能合わせて400点満点で評価されるが、同時に技能ごとのスコアも示される。そのレベルは、英検の準2級から準1級程度だ。英語力を重視する難関大の入試で利用されていることも多いので、志望校の入試で利用されている場合はチャレンジしてみよう。

 

ちなみに、試験会場で受けるスタイル(TEAP)とコンピュータを介して受けるスタイル(TEAP CBT)の2種類ある。詳細やスケジュール等は、公式サイトを参照してほしい。

 

TEAP公式サイト:
https://www.eiken.or.jp/teap/

 

次回、最終回は、英語外部検定入試を利用するメリットのまとめをお届けする。

 

 

「英語外部検定利用入試」徹底利用のためのABC! リストページ

https://www.ei-navi.jp/news/gaiken-nyushi_2021/list/

 

 

この記事は「螢雪時代(2021年5月号)」より転載いたしました。

 


※旺文社 教育情報センター調べ(2021年2月1日)
http://eic.obunsha.co.jp/resource/viewpoint-pdf/202102.pdf

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

MY NOTEBOOK

マイ単語帳へ

RANKING / 単語ランキング

英和ランキング

もっと見る

和英ランキング

もっと見る

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策