英検対策講座【2級】大問2: 長文の語句空所補充問題

本多 敏幸(ほんだ・としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英検2級」の過去問を紹介し、その解き方について分かりやすく解説します。過去問を解いたら、次ページの「解答・解説」をしっかり確認しましょう。

英検対策講座【2級】

 

 

大問2 長文の語句空所補充問題

 

大問2 長文の語句空所補充問題」について学習します。

問題を解いたら、次ページの解答・解説を読み、きちんと理解するようにしましょう。

 

大問2は、長文中の空所に入る最も適切な語句を選ぶ「長文の語句空所補充問題」(6問)です。
問題となる英文は[A]、[B]の2つで、設問が3問ずつあります。2つの長文はそれぞれ3段落構成で、各段落に1つずつ空所があります。選択肢は、2語以上の語句、接続表現、文脈から類推する適切な内容などです。

 

 

Questions ~問題~

 

次の英文を読み、その文意にそって(1)から(3)までの(  )に入れるのに最も適切なものを1、2、3、4の中から一つ選びなさい。

[英検 2021年度 第3回検定問題より]

 

 

A Feeling for Music

 

 The music of the German composer Ludwig van Beethoven has given happiness to generations of listeners. However, as is well known, Beethoven began to lose his own hearing in his late 20s. By the time he was 44, he was deaf and could hear hardly any sounds at all. ( 1 ), he did not stop writing music, and some of his most famous works were composed after he had lost his hearing.

 

 To celebrate the 250th anniversary of Beethoven's birth, Mate Hamori, the conductor of an orchestra from Hungary, held some special concerts. He invited groups of deaf people to come and enjoy Beethoven's music. In order to “hear” the music, some of the audience members sat next to the musicians and placed their hands on the instruments. By doing this, the deaf people could feel the vibrations made by the instruments as they were being played. Other audience members held balloons which allowed them to feel the music's vibrations in the air. They were able to use ( 2 ) to experience the music.

 

 The concerts were a success. Zsuzsanna Foldi, a 67-year-old woman who had been deaf since she was a baby, cried with joy when she was able to “hear” Beethoven's Fifth Symphony in this way. Although Hamori's idea was unusual, it was not his own. As Beethoven was becoming deaf, he used a piano when writing music. He discovered that the instrument allowed him to feel his music through his fingers. Hamori took Beethoven's idea and used it so that people who ( 3 ) could enjoy the composer's music.

 

 

(1)

 

  1. Even so
  2. Rather
  3. For once
  4. Therefore

 

 

(2)

 

  1. this new technology
  2. their sense of touch
  3. the colors of a rainbow
  4. these natural smells

 

 

(3)

 

  1. are unable to leave home
  2. have no memory
  3. face the same challenge
  4. prefer other styles

 

 

学習アドバイス

 

対策として、まずヒントとなる接続表現(文と文、段落と段落をつなぎ、前後関係を示す言葉)を覚えましょう。順序(First of all)、対比 (on the other hand)、具体化 (for example)、理由 (because)、結果 (as a result)、列挙 (in addition)、順接 (therefore)、逆接 (however)、言い換え (in other words) など、英文の流れを明確にするヒントとなる表現を覚えておくと、効率的にしかも正確に解くことができます。

 

また、長文の語句空所補充問題はたいてい空所の前後にヒントがありますが、2級レベルになると、直前直後の文ではなく空所のある段落全体、もしくは英文全体にヒントがあることもあります。空所の前後だけではなく、問題文のはじめから正確に内容を捉えながら読んだ方が正解につながります。一度解いた過去問題集の英文を、内容を理解できるペースで読み切る練習をしましょう。声を出して何度も読むことをお勧めします。

 

次のページ:解答・解説ページ

次へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ・としゆき)

PROFILE

東京都の教員として38年間勤務。現在、千代田区立九段中等教育学校、都留文科大学、文教大学で講師として教えるほか、NHKラジオ「中学生の基礎英語レベル1」の講師として活躍。ELEC同友会英語教育学会会長。学習指導要領の改訂に関わる。また、全国各地で教員向けの講演を行っている。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』(以上文藝春秋)、『中学校外国語新3観点の学習評価完全ガイドブック』、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(以上明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』(教育出版)、『NHK CD BOOK 中学生になるまでに身につけたい! 小学英語 パーフェクト・レッスン』(NHK出版)など多数。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

MY NOTEBOOK

マイ単語帳へ

RANKING / 単語ランキング

英和ランキング

もっと見る

和英ランキング

もっと見る

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策