英検対策講座【2級】大問2: 長文の語句空所補充問題

霜田 敦子(しもだ・あつこ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この講座では、「英検2級」合格を目指す皆さんを対象に、試験で出題された問題を紹介し、その解き方について分かりやすく解説していきます。過去問を解いたら、次ページの「解答・解説」を確認しましょう。

英検対策講座【2級】

 

 

大問2 長文の語句空所補充問題

 

大問2 長文の語句空所補充問題」について学習します。

問題を解いたら、次ページの解答・解説を読み、きちんと理解するようにしましょう。

 

大問2は、長文中の空所に入る最も適切な語句を選ぶ「長文の語句空所補充問題」(6問)です。
問題となる英文は[A]、[B]の2つで、設問が3問ずつあります。2つの長文はそれぞれ3段落構成で、各段落に1つずつ空所があります。選択肢は、2語以上の語句、接続表現、文脈から類推する適切な内容などです。

 

 

Questions ~問題~

 

次の英文を読み、その文意にそって(1)から(3)までの(  )に入れるのに最も適切なものを1、2、3、4の中から一つ選びなさい。

[英検 2021年度 第1回検定問題より]

 

 

Self-Sufficient Communities

 

 Recently, many people have been trying to change their lives in order to ( 1 ). One way they do this is by choosing products that create less pollution, such as vegetables that have been grown without using chemicals. Also, by buying from local producers, they reduce the amount of fossil fuel needed to transport products. Some people even join “self-sufficient communities.” In these communities, people work together to produce everything they need to live-food, clothes, furniture, fuel, and medicines.

 In the 1970s, an Englishman named John Seymour promoted the idea of self-sufficiency. He had spent much of his life ( 2 ). For example, he went to South Africa and managed a sheep farm. While he was there, he spent time with local people who taught him how to find food in the wild. He also made a journey from Europe to India, observing how different agricultural communities lived. These experiences gave Seymour the idea of trying to get away from cities, offices, and factories.

 Seymour published a book in 1976 which explained how to do things like growing crops and keeping bees. At the time, the book inspired thousands of people to join self-sufficient communities. However, most of these people found the lifestyle challenging, and they had given up by the early 1980s. Now, though, the idea is attracting interest again. Many young people are turning away from city life and becoming farmers. This time, many of them have decided not to be completely self-sufficient. ( 3 ), they are using modern technology to earn enough money to buy things that are difficult to produce themselves.

 

 

(1)

 

  1. spend more time away from work
  2. bring home more money
  3. be kinder to the environment
  4. become stronger and healthier

 

 

(2)

 

  1. traveling and learning about farming
  2. living and working on big ships
  3. studying to become a great chef
  4. writing about interesting cultures

 

 

(3)

 

  1. At last
  2. Meanwhile
  3. Like before
  4. Rather

 

 

学習アドバイス

 

対策として、まずヒントとなる接続表現(文と文、段落と段落をつなぎ、前後関係を示す言葉)を覚えましょう。順序(First of all)、対比 (on the other hand)、具体化 (for example)、理由 (because)、結果 (as a result)、列挙 (in addition)、順接 (therefore)、逆接 (however)、言い換え (in other words) など、英文の流れを明確にするヒントとなる表現を覚えておくと、効率的よく、しかも正確に解くことができます。

 

また、長文の語句空所補充問題はたいてい空所の前後にヒントがありますが、2級レベルになると、直前直後の文ではなく空所のある段落全体、もしくは英文全体にヒントがあることもあります。空所の前後だけではなく、問題文のはじめから正確に内容を捉えながら読んだ方が正解につながります。一度解いた過去問題集の英文を、内容を理解できるペースで読み切る練習をしましょう。声を出して何度も読むことをお勧めします。

 

次のページ:解答・解説ページ

次へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

霜田 敦子(しもだ・あつこ)

PROFILE

英語教育(第2言語習得理論)を専門としている。立教大学文学部英米文学科卒業後、日本航空で国際線CAとして勤務。退職後、関東学院大学大学院で文学博士号取得。現在は関東学院大学、駒澤大学、実践女子短期大学、千葉工業大学で検定英語、リーディング、ライティングなどの授業を担当。2020年より実践女子大学研究推進機構研究員として、主にライティング指導法を研究している。『ヒューゴの不思議な発明』『ノッティングヒルの恋人』(スクリーンプレイ)、『シルフェ〈本の虫〉が語る楽しい英語の世界』(金星堂)の執筆にも携わる。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

MY NOTEBOOK

マイ単語帳へ

RANKING / 単語ランキング

英和ランキング

もっと見る

和英ランキング

もっと見る

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策