英検対策講座【4級】大問3: 日本文付き短文の語句整序問題

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この講座では、「英検4級」合格を目指す皆さんを対象に、試験で出題された問題を紹介し、その解き方について分かりやすく解説していきます。

英検対策講座【4級】

 

 

大問3 日本文付き短文の語句整序問題

 

大問3 日本文付き短文の語句整序問題」について学習します。

問題を解いたら、次ページの解答・解説を読み、きちんと理解するようにしましょう。

 

大問3は、日本文の意味を表す英文になるように5つの語句を並べ替え、正しい英文にする形式です。この問題では、語順(文の中における単語の順番)と熟語(2つ以上の語を組み合わせて意味を表すもの)などの知識が試されます。英検では全部で5問出題されます。

 

 

Questions ~問題~

 

次の(1)から(3)までの日本文の意味を表すように①から⑤までを並べかえなさい。そして、2番目と4番目にくるものの最も適切な組合せを1, 2, 3, 4の中から一つ選びなさい。 ※ただし、(   )の中では、文のはじめにくる語も小文字になっています。

[英検 2017年度 第3回検定問題より]

 

 

(1)

 

その花屋は私の家の隣です。

 

( ① my ② next ③ the flower shop ④ to ⑤ is )

(   ) (   ) (   ) (   ) (   ) house.

 

  1. ⑤ - ③
  2. ⑤ - ④
  3. ① - ⑤
  4. ③ - ⑤

 

 

(2)

 

京都は日本で最も人気のある場所の一つです。

 

( ① places ② popular ③ the most ④ one ⑤ of )

Kyoto is (   ) (   ) (   ) (   ) (   ) in Japan.

 

  1. ② - ①
  2. ② - ⑤
  3. ⑤ - ①
  4. ⑤ - ②

 

 

(3)

 

あなたはこの写真をどう思いますか。

 

( ① do ② of ③ you ④ this photo ⑤ think )

What (   ) (   ) (   ) (   ) (   )?

 

  1. ③ - ②
  2. ② - ④
  3. ⑤ - ②
  4. ⑤ - ③

 

 

 

学習アドバイス

 

英検4級の大問3では、正しい語順の知識が必要です。教科書の基本文を何度も音読しましょう。余裕があれば、基本文を暗唱し、書けるようにすると語順の基本をしっかりと覚えることができます。

 

4級では、wouldやcouldなどの助動詞を用いた文や不定詞を使った文をしっかり覚えることが大切です。また、基本的な熟語を覚えることも必要です。さらに、英検の過去問を見て、分からない問題があったら、教科書や参考書などで確認するようにしましょう。

 

 

次のページ:解答・解説ページ

次へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。新学習指導要領作成に携わり、全国で教員向けの講演を多数行うなど、英語教育における指導者的な役割を担っている。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』、『中学生からの勉強法』(いずれも文藝春秋)、『中学校新学習指導要領 英語の授業づくり』(明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』(教育出版)、『到達目標に向けての指導と評価』(教育出版)、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(明治図書)等。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策