第3回:単語を覚える方法を見つけよう(1)

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語は覚えることが多くて大変だ!」という声をよく耳にします。単語や表現を簡単に覚えられたら、英語の勉強がぐんと楽になりますね。単語をしっかり覚えて忘れない方法を、2回にわたって紹介します。

英語力を伸ばす学習法 第3回

 

 

まず、私たちが日頃使っている漢字のことを考えてみたいと思います。

 

「バラ」という花がありますね。聞いたり話したりする活動の中で「バラ」という言葉は使えますが、漢字で正しく「薔薇」と書ける人は少ないでしょう。

 

花の名前をもう1つ例に挙げます。ある本に「蒲公英」と書いてありました。あなたはこの漢字が読めますか? 正解は「タンポポ」です。漢字は知らなくても、「タンポポ」といえば、誰でも知っている花でしょう。

 

英語の単語にも、漢字と同様に様々なレベルがあります。「聞けば理解できるレベル」「単語を見れば(読めば)理解できるレベル」「話す活動で使えるレベル」「書く活動で使えるレベル」「どのような場面で他のどんな単語とどのように組み合わせて使うか分かっているレベル」などです。

 

すべての単語のつづりを書ける必要はありません。聞いたり読んだりしたときに意味が分かれば十分な単語もあります。

 

せっかく単語を覚えるのなら、しっかりと長く記憶して、後で使えるように覚えたいものです。では、どのように覚えればよいのでしょうか。

 

 

 

その1 覚えるための短い時間をたくさんつくろう!

 

「『ギター』を“guitar”にする」といったように、日本語を英語に直すタイプの単語テストが1週間後にあるとしましょう。あらかじめ指定された100語を、あなたはいつ覚えるでしょうか? 「前日と当日に覚えればいいや」と考えているかもしれません。しかし、短期間に暗記したものはすぐに忘れてしまい、しっかりと身に付かないものです。

 

人間の脳は、記憶したものを忘れるようにできています。テスト当日には書けた90の単語も、2日後には半分くらいしか書けなくなっているかもしれません。

 

一度だけ会ってあいさつを交わした人は忘れてしまっても、何度か会って話をすれば、もうその人のことは忘れませんね。単語も一緒です。長く記憶するためには何度もその単語に出会う必要があります。つまり、テストの直前に集中して一度で覚えるより、何日もかけて、何度もその単語に触れるほうが、後々記憶に残るのです。

 

また、集中して覚えようとすると脳がとても疲れます。勉強に取り掛かって最初のうちはどんどん覚えられても、後半はなかなか覚えられなくなっていたということはないでしょうか。2時間かけて一度で覚えるよりも、20分程度の勉強時間を何回も設けるほうが、効率よく単語を覚えられるというわけです。

 

 

その2 体を使って覚えよう!

 体を使って覚えよう!

 

単語を、目だけを使って覚えようとしていませんか? 体の複数の箇所を使うことで、覚える力がアップします。

 

例えば、口を使って、単語のつづりを見て声に出して言ってみましょう。英語を習いたての人なら、単語を発音することで単語のつづりと音の関係もだんだんと分かってきます。

 

手を使って、書いて覚えることも大切です。「イヌ」のdogのような簡単なつづりならいちいち書いて覚える必要はないかもしれません。しかし、「キリン」のgiraffeのように、難しいつづりの単語は書いて覚えるに限ります。

 

「目」で見るだけでなく、「口」を使ってぶつぶつ単語を言ってみて、さらにぶつぶつ単語を言いながら「手」を使って書いてみましょう。こうすることで記憶が定着し、しっかりと覚えることができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。新学習指導要領作成に携わり、全国で教員向けの講演を多数行うなど、英語教育における指導的な役割を担っている。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』、『中学生からの勉強法』(いずれも文藝春秋)、『中学校新学習指導要領 英語の授業づくり』(明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』(教育出版)、『到達目標に向けての指導と評価』(教育出版)、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(明治図書)等。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策