英検対策講座【4級】大問3: 日本文付き短文の語句整序問題

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解答・解説ページ

英検対策講座【4級】

 

Answers ~解答・解説~

 

次の(1)から(3)までの日本文の意味を表すように①から⑤までを並べかえなさい。そして、2番目と4番目にくるものの最も適切な組合せを1, 2, 3, 4の中から一つ選びなさい。 ※ただし、(   )の中では、文のはじめにくる語も小文字になっています。

[英検 2018年度 第1回検定問題より]

 

 

(1)

 

正解: 4

 

【正しい語順】

あなたはバレンタインデーに正男にチョコレートをあげましたか。

 

( ① did ② give ③ some chocolates ④ Masao ⑤ you )

( did ) ( you ) ( give ) ( Masao ) ( some chocolate ) on Valentine's Day?

 

  1. ⑤ - ③
  2. ② - ③
  3. ② - ④
  4. ⑤ - ④

 

 

【解説】

「~しましたか?」という過去のことを尋ねる疑問文では、didを文頭に置きます。その後に[主語+動詞]の語順を続けます。日本文から、主語は「あなたは」のyouで動詞は「あげました」のgiveになります。動詞giveの後には「~を」や「~に」に当たる目的語を置きます。「正男にチョコレートを」と2つの目的語を置く場合、[(人)に(もの)を]の語順となります。したがって、Did you give Masao some chocolate on Valentine's Day?の文が完成します。

 

目的語を2つ置く動詞の例を示しますので、確認しましょう。

 

Show me your passport, please.

「私にパスポートを見せてください」

 

My father taught me Chinese.

「父が私に中国語を教えてくれました」

 

Bob told me the story.

「ボブは私にその話をしてくれました」

 

My mother bought me some books.

「母が私に本を何冊か買ってくれました」

 

 

 

(2)

 

正解: 2

 

【正しい語順】

母は8時から9時の間に帰宅する予定です。

 

( ① and ② eight ③ come ④ between ⑤ home )

My mother is going to ( come ) ( home ) ( between ) ( eight ) ( and ) nine o'clock.

 

  1. ③ - ②
  2. ⑤ - ②
  3. ① - ④
  4. ① - ②

 

 

【解説】

英文では[主語+動詞]の部分を最初に置きます。大問3では、[主語+動詞]の部分を初めに考えることが解答のコツとなります。

 

主語であるMy mother「母は」はすでに示されているので、まず動詞を考えます。日本文には「帰宅する予定です」とあります。「~する予定です」のis going toはすでに示されているので、この後に動詞comeを置きます。「帰宅する」なのでcome homeとなります。最後に時を表す語句を置きます。「8時から9時の間に」はbetween eight and nine o'clockなので、My mother is going to come home between eight and nice o'clock.の文が完成します。

 

betweenは時だけでなく場所などにも用いられます。

 

(例)

My school is between a big park and a museum.

「私の学校は大きな公園と博物館の間にあります」

 

Do you know the differences between Japanese and English?

「あなたは日本語と英語の違いを知っていますか?」

 

 

 

(3)

 

正解: 3

 

【正しい語順】

これは私の初めてのシンガポール旅行です。

 

( ① Singapore ② my ③ first ④ to ⑤ trip )

This is ( my ) ( first ) ( trip ) ( to ) ( Singapore ) .

 

  1. ① - ④
  2. ② - ①
  3. ③ - ④
  4. ③ - ⑤

 

 

【解説】

「これは~です」の文なので、This is ~で表現しますが、This isは示されているので、「私の初めてのシンガポール旅行」の部分を組み立てます。日本文の核となる部分は「これは旅行です」です。そこで、tripを中心に組み立ててみましょう。my「私の」は名詞の前に付ける語なので、my tripとなりそうです。first「初めての」も形容詞なので名詞の前に付ける言葉です。myとfirstはmy firstの語順となるので、my first tripとなります。toは前置詞で名詞の前に置く語なので、to Singaporeがよさそうです。したがって、This is my first trip to Singapore.の文が完成します。

 

英語ではよく名詞を修飾(説明)する語句を名詞の後に置きます。前置詞を使った例を示しますので確認しましょう。

 

(例)

A girl under the tree is my sister.

木の下の女の子は私の妹です」

 

Do you know the man by the piano?

ピアノのそばにいる男性をご存知ですか?」

 

Look at the poster on the wall.

壁に貼ってあるポスターを見なさい」

 

 

スタディギア for EIKEN

スタディギア for EIKEN

高い合格率データが証明する「英検対策学習の決定版」

「スタディギア for EIKEN」は、英検2級~5級受験者を対象とした、英検対策に特化したオンライン学習サービスです。

スタディギア for EIKENの詳細を見る

 

前へ

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。新学習指導要領作成に携わり、全国で教員向けの講演を多数行うなど、英語教育における指導的な役割を担っている。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』、『中学生からの勉強法』(いずれも文藝春秋)、『中学校新学習指導要領 英語の授業づくり』(明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』(教育出版)、『到達目標に向けての指導と評価』(教育出版)、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(明治図書)等。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策