第12回:英語でスピーチをしてみよう(2)

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回も、前回に引き続いて英語スピーチのための学習法を紹介します。前回では、英語スピーチの種類とスピーチ原稿の作り方について詳しく説明しました。今回はスピーチの具体的な練習方法を紹介します。

第12回:英語でスピーチをしてみよう(2)

 

 

暗唱型のスピーチの練習方法

 

スピーチ原稿が準備できたら、本番の発表に向けて実際に練習してみましょう。

(前回の「第11回:英語でスピーチをしてみよう(1)」」はこちら)

 

 

【その1】 感情を込めて音読する

 

音読は英語学習の基本です。スピーチ原稿を覚えてしまうくらい何度も音読しましょう。

 

ただ音読するだけではなく、感情を込めることが大切です。スピーチ原稿を見て、どこで次の①~⑤の工夫を入れるか考えてみましょう。

 

① 声の大きさを変える。強調したい語句は特に強く言う。
② 強調したい語句を伸ばすようにゆっくり言う。
③ 強調したい語句の前で少し間をとる。
④ 声の質を変える。例えば、少し低い声を出したり高い声を出したりする部分をつくる。
⑤ 話すスピードを変える。基本は聞き手に分かりやすいゆっくりとしたスピードだが、一本調子でなく、ゆっくり言ったり、さっと言ったりしてスピードに変化をもたせる部分をつくる。

 

 

【その2】 鏡の前で自分を見ながら練習する

 

良いスピーチの要素は、「内容」「声」「姿勢や態度」の3つです。鏡の前で次のことを意識しながら練習してみましょう。

 

① 鏡の中に聞き手がいると思いながら、鏡全体を見回しながら話す。
② ジェスチャーを使う。多用しては逆効果なので1~2回に限って使用する。例えば、数を表すときには指を使ったり、大きさや高さを表すときには腕を使ったりするとよい。
③ 顔の表情をつくる。喜怒哀楽を顔で表現すると聞き手に訴えられる生き生きとしたスピーチができる。

 

 

【その3】 Read and Look upをして暗記する

 

第2回:英語に慣れて苦手意識をなくそう」で紹介したRead and Look up(1文ずつ黙読をしながら顔を上げて英文を言う)の方法で、次の手順で練習してみましょう。

 

① 原稿をお腹のところに持つ。1文ずつRead and Look upを行う。鏡の前で自分とアイコンタクトするように行うとよい。
② 2~3文ずつRead and Look upを行う。
③ スピーチをしながら分からないところのみ原稿を見る。ただし、すぐに顔を上げて言う。

 

原稿を見なくても言えるようになったら、原稿を手に持たずに、その1やその2を意識しながら練習しましょう。

 

メモを見ながらのスピーチであれば、その3の①か②までできるようになれば良いスピーチ発表ができます。ぜひ試してみてください。

 

 

参考資料)
スピーチ学習ビデオ アクティブスピーチ指導書
監修・企画: ELEC同友会英語教育学会実践研究部会
出版: TDKコア株式会社 (2001年)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。文部科学省「外国語教育における『CAN-DOリスト』の形での学習到達目標設定に関する検討会議」、「中央教育審議会中等教育分科会教育課程部会外国語ワーキンググループ」、「学習指導要領等の改善に関わる検討に必要な専門的作業等(中学校外国語)」協力者。全国各地で教員向けの講演を多数行う。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』、『中学生からの勉強法』(以上文藝春秋)、『中学校新学習指導要領 英語の授業づくり』、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(以上明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』、『到達目標に向けての指導と評価』(以上教育出版)、『NHK CD BOOK 中学生になるまでに身につけたい! 小学英語 パーフェクト・レッスン』(NHK出版)などがある。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策