第22回:英語を上手に発音するコツ(2)

本多 敏幸(ほんだ としゆき)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の続きで、今回も、英語を上手に発音するための学習法を紹介します。正しい発音で、伝わる英語を話せるようになりましょう。

22

 

(前回の「第21回:英語を上手に発音するコツ(1)」はこちら)

 

 

英語の音の特徴

 

前回、thやfなど、日本語にはない音の出し方に触れました。また、単語を発音する(覚える)際に注意すべきことを述べました。

 

前回は単語でしたが、今回は文を取り上げます。単語の集まりである文では、単語と単語の間にいろいろな音の変化が起きます。代表的なものを紹介しましょう。

 

【1】 音の連結(リンキング、リエゾン)

I have an old dog.(私は年老いた犬を飼っている)は、haveのvとanのaが連結して /ヴァ/ のようになります。また、anのnとoldとoが連結して /ノウ/ のようになります。

従って、have an oldの部分を速く発音すると、/ハヴァノウル(ド)/ のようになります。

 

【2】 音の脱落(リダクション)

音がなくなってしまうものもあります。tやdなどの弱い音が語尾にある単語(importantやgoodなど)では、語尾が脱落して、/インポータン/ とか /グ/ のように発音されるときがあります。

また、同じ音(dとdなど)、または同じような音(dとtなど)が並ぶと、1つの音しか言わない場合があります。

例えば、【1】で示したI have an old dog.の文では、oldの最後のdと次のdogの最初のdが同じ音なので、1つ目のdの音を脱落させて、/オウルドグ/ のように発音することがあります。

 

こういった変化を意識して、「日本語発音」にならないように注意しましょう。

 

 

 

正しい発音の練習方法

 

【その1】 モデル音声を真似て、1文を一気に音読しよう

 

教科書などを音読する際、絶対にやめてほしいのは、1語1語を区切って発音する読み方です。

 

例えば、I have a dog.であれば、/アイ ハヴ ア ドグ/ のような読み方ですが、これは日本語でいえば、「犬を飼っています」を /イ・ヌ・ヲ・カ・ツ・テ・イ・マ・ス/ と読んでいるようなものです。

 

文字を見るだけでは正しい音声が分からない場合は、CDなどの音声を聞いてみましょう。音声をモデルとして真似ることが最も良い練習方法となります。その際、次の手順で1文1文練習します。

 

文(文字)を見ながら音声を確認する
できれば変化した部分を確認するようにしましょう

音声を真似て、文を見ながら音読する
音声をまねることに集中しましょう

音声を聞かないで、文を音読する
自力で音読できるか確認しましょう

 

 

【その2】 自分の音読を録音(録画)してみよう

 

音声は自分では確認しづらいものです。正しく発音していると思っても、そうでない場合もあります。

 

そこで、お勧めしたいのは、自分の音読を録音してみることです。スマホを使っても、ICレコーダーがあればそれを使ってもよいでしょう。

 

また、録画をすれば、自分の口の動きも確認できます。スマホのカメラでも、家庭にあるビデオカメラでもよいでしょう。

 

モデル音声を聞き、その直後に音読を行います。そのとき、モデル音声を流すところから録音・録画します。モデル音声の直後に自分の音声を入れることにより、聞いたときに比較しやすくなります。

 

舌・くちびる・あごなどを正しく動かし、モデル音声を真似て発音の練習をしましょう。英語の歌を、発音を真似て歌うだけでも発音がよくなりますので、歌が好きな人には特にお勧めです。

 

発音を意識した学習法を工夫し、ぜひ実践してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい

この記事の筆者について

本多 敏幸(ほんだ としゆき)

PROFILE

千代田区立九段中等教育学校指導教諭。東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻修士課程修了。ELEC同友会英語教育学会会長。英語授業研究学会理事。文部科学省「外国語教育における『CAN-DOリスト』の形での学習到達目標設定に関する検討会議」、「中央教育審議会中等教育分科会教育課程部会外国語ワーキンググループ」、「学習指導要領等の改善に関わる検討に必要な専門的作業等(中学校外国語)」協力者。全国各地で教員向けの講演を多数行う。
著書に、本多式中学英語マスターシリーズとして『反復基礎』『短文英単語』『速読長文』、『中学生からの勉強法』(以上文藝春秋)、『中学校新学習指導要領 英語の授業づくり』、『入試英語力を鍛える!授業アイデア&パワーアップワーク40』(以上明治図書)、『若手英語教師のためのよい授業をつくる30章』、『到達目標に向けての指導と評価』(以上教育出版)、『NHK CD BOOK 中学生になるまでに身につけたい! 小学英語 パーフェクト・レッスン』(NHK出版)などがある。

おすすめ記事

英ナビ!会員登録されていない方

SIGN IN 新規会員登録(無料)

RANKING / 単語ランキング

英検って?
英検級かんたん測定
英検対策の新しいカタチ
英検受験者専用 専用クーポンコードを使って無料で英語対策

INFORMATION / お知らせ

2019/11/14
スタディギア for EIKEN メンテナンスのお知らせ